二重まぶたを欲しいのは当然です。アイプチで手軽に実現するには? 二重まぶた手術を受けるにはどうすればいいの?
戻る

自己組織化と進化の論理―宇宙を貫く複雑系の法測

自己組織化と進化の論理―宇宙を貫く複雑系の法測

人気ランキング : 24673位
定価 : ¥ 2,625
販売元 : 日本経済新聞社
発売日 : 1999-09

価格 商品名 納期
¥ 2,625 自己組織化と進化の論理―宇宙を貫く複雑系の法測 通常24時間以内に発送

「もともと世界はそうだったのさ」と言われてさてどうしようか・・・

この世の中は放っておけばバラバラに無秩序になっていくことが
「基本」で、何か構造や秩序が生じて発展する為には、なにがしか
の「原因」がなければならない。
そして、それが「基本」に抗う方向である以上、ランダムな偶然や
淘汰圧による取捨選択だけでは説明がつかない。かといって、そこ
に作者主義的な「目的」「力」を仮定したのでは生気論になってし
まう・・・さてどうするか?
カウフマンがいう「無償の秩序」は、複雑さのある閾値で「基本」
と前提されている状態を裏切る秩序が生じること、そしてそれが
世界の本質的側面であって、説明のための原因(作者)=アルキメ
デスの点は必要ないんだ!と世界の捉え方を根本にあらためること
を意味している。
「もともと世界はある状態になると秩序が自発的に生じ発展するよ
うにできてるんだ。目的因や秩序の鋳型としての形相因などを想定
する必要はないのだ」ということ。そしてそれはネットワーク理
論やコンピュータシミュレーションで初めて垣間見ることができる
ようになったもともと世界がもっていた性格なのだと・・・
しかしであればこそ世界のあり方への畏怖の念はますます強まる。
「自己組織化」という表現自身に潜む擬人化の匂いは危うくて
つい「でも、何故?」と形而上学的な「世界の意思」への問いを
発してしまいたくなる。神秘的な匂いを払い、そこに踏みとどまる
ためには、なお秩序生成の機制が自明となるまで解明され風景が変
わって見えるだけの視線の体得が必要に思える。


全科学分野の統合理論になり得るか、期待!

ワールドロップの「複雑系」で初めて複雑系科学の深さを知り、
本書を読みました。

多少の物理学・化学・生物学・進化理論・数学を知っていないと、
また全神経を集中して読まないと、
なかなか理解するのが大変な書籍ですが、
読後の満足感はものすごく大きいものでした。

自己組織化と自然淘汰が上手く結びついています。
また、秩序・カオスの縁・カオスの違いも見事に解説されています。

本書を中核におくと各科学分野がより理解できそうな気がしてきます。
以下に本書と整合しそうな、若しくは共進化しそうな書籍を列記します。

進化理論:
リチャード・ドーキンス「利己的な遺伝子」「延長された表現型」「盲目の時計職人」
ダニエル・デネット「自由は進化する」「解明される意識」「ダーウィンの危険な思想」
脳科学:
アントニオ・ダマシオ「感じる脳」「無意識の脳 自己意識の脳」「生存する脳」
ジョセフ・ルドゥー「シナプスが人格をつくる」「エモーショナル・ブレイン」
心理学:
M・チクセントミハイ「フロー理論 喜びの現象学」「楽しみの社会学」
スティーブン・ピンカー「人間の本性を考える」「心の仕組み」
社会学:
アルジュン・アパデュライ「さまよえる近代」
サミュエル・ハンチントン「文明の衝突」
経営学:
クレイトン・クリステンセン「明日は誰のものか」「イノベーションの解」「イノベーションのジレンマ」
P・F・ドラッカー「イノベーションと企業家精神」「マネジメント 上下」

そして未だ読んでいませんが、
本書に出てくる経済学者ブライアン・アーサー「収益逓増と経路依存」は、
当然本書と整合するでしょう。

複雑系の研究がより一層進み、全科学分野の統合理論になり得るか、
大きく期待しながら見守りたいと思います。

ネットワーク科学の誕生前夜

生物とはいかなる存在か?について「自己組織化の原理」から自然淘汰のみによらない進化のシステムを詳解します。米国サンタフェ研究所の客員教授である著者が複雑系による新しい世界観を披露します。

複雑系の一般書で最高

一時流行った"複雑系"。もう終わったのかというのは浅薄。
主流の物理学者からの批判もなんのその、今も複雑系のアプローチは連綿と続いてます。
この本は、今や複雑系の大家となったカウフマンの著作。化学スープ(反応拡散系)からいかにして細胞が出来るのか。また遺伝子進化がランダムなら"良い"進化できない理由をNKモデルを用い説明し、自然淘汰が"良い"進化をもたらすためには自己組織化が不可欠だと言うことを簡単なモデルで説明します。

素晴しい。進化の論理が"科学の宝"として発見されるにはこのような大胆な一歩が不可欠だと思う。

あるがままを受け入れられない西洋にとっての大発見

自己組織化などというものは,東洋にとってはごく自然で当たり前のことのように思うのだが,因果関係をきちんと整理しなければならない西洋にとってはまさに一大事なのである.原因もないのに物事が勝手に生起してはならないのだ.ところが自然界ではごくわずかの揺らぎが指数関数的に成長し,それらがエネルギーを散逸しながら非線形に干渉しては新たな構造を生み出している.その最も究極の姿が生物だろう.

私がこの本を読んだのは出版直後だったが,流体力学で乱流を学んだ者にとっては,取り立てて新しいことはなかった.しかしそれでもこの本は十分に楽しめた.化学反応のネットワーク,局所最適化などは汎用の使い出がある考え方である.

複雑系のブームは去ったが,これでまたひとつ西洋は賢く?!??った.複雑系を当たり前と思ってきた東洋は何か得るものがあったのだろうか?

このページのトップに戻る
|サイトトップ |二重まぶたの方法 |アイプチ |二重まぶた・埋没法 |二重まぶた・埋没法SMK法 |二重まぶた・埋没法+脱脂MS法 |二重まぶた・スーパークイック法 |二重まぶた・切開法 |二重まぶた・目頭切開 |二重まぶたを手術なしで |二重まぶたのために食べる飲む |二重まぶたをサプリで |二重まぶたをテープで |二重まぶたを器具で |二重まぶたの体操・運動 |二重まぶたのマッサージ |二重まぶた手術の前に |二重まぶた手術の後で |二重まぶた手術の価格 |二重まぶた手術の腕前 |二重まぶた手術の再手術 |二重まぶたの型 |二重まぶたサイズ |二重まぶたの測り方 |二重まぶたの男性の好み |二重まぶたの理想 |二重まぶたの日記 |二重まぶたの体験談 |
Copyright 2006 二重まぶたをアイプチでしますか?それとも二重まぶた手術を!! All rights reserved.
二重まぶた・二重瞼: 二重には埋没法と切開法があります バストアップ・豊胸術: バストアップはサプリメントと豊胸手術とマッサージでできます プチ整形: プチ整形は、目元・脱毛・美脚・小顔・美鼻・しわなどを 美容: プチ整形・二重まぶた・脂肪吸引・バストアップ 整形外科: 美容整形・プチ整形・二重まぶた・脂肪吸引・バスト・若返り・脱毛の美容を