二重まぶたを欲しいのは当然です。アイプチで手軽に実現するには? 二重まぶた手術を受けるにはどうすればいいの?
戻る

散るぞ悲しき 硫黄島総指揮官・栗林忠道

散るぞ悲しき 硫黄島総指揮官・栗林忠道

人気ランキング : 787位
定価 : ¥ 1,575
販売元 : 新潮社
発売日 : 2005-07-28

価格 商品名 納期
¥ 1,575 散るぞ悲しき 硫黄島総指揮官・栗林忠道 通常24時間以内に発送

忘れてはいけない。犬死にしてはいけない。

 一気に読ませていただきました。

現代において硫黄島の激戦の知識を、われわれはどれだけ持ちえているのだろうか?

「地獄」の底を這いずりながら、泥水をすすりながら
その身を捧げたつくした祖国への思い。

      それが・・・今や
////////////飽食に満ちあふれ、親子でひたすら殺戮しあう国へ////////

この現実に今もなおあの島に散乱したままの遺骨たちは、何を思うのだろうか?
おりしも北朝鮮のミサイル挑発を受け、それでも目を覚まさない腰砕けの国、日本。

この現実が、彼らの思いの果ての姿だとしたらあまりにも悲しい。

われわれはこの先いずこへ流れてゆくのか・・・
この国にはたして未来はあるのか・・・

 栗林将軍以下2万人の名も無き兵士達の偉業・思いに深く感謝し哀悼の意を表したい。
 そしてこの本を生み出してくれた著者にも・・・

この本が多くの方の目に触れるのを願ってやみません。
                          ・・・・合唱

素晴らしいの一言に尽きます。

大宅壮一ノンフィクション賞を受賞したそうですが、当然という感じがします。
佐野眞一さんを始め、ノンフィクションは事実を追求するがゆえ、饒舌な記述やかったるい部分があるのは仕方がないことと思っていましたが、この本には全く無駄な部分がないことに驚きました。
とにかく、文章が美しくて素晴らしいです。抑え気味の文体が、逆に栗林中将の遺族を始めとする登場人物の胸の内を鮮やかに描き出しています。涙を流さずにはいられないでしょう。
栗林忠道という当時の日本軍においては希有な軍人の生き方を通じて、戦争が決して再び起きてはいけないということを、しみじみと感じさせてくれる本です。
軍事的な業績に対する記述が少ないなどという批判がありますが、全くピンぼけも甚だしいです。そういう部分は必要最小限にして、栗林中将の人柄に焦点を当てているからこそ、この人物の素晴らしさ、それを理解しない当時の軍部の無能さ、さらには戦争の愚かさが浮き彫りになっているのです。
この作品が一人でも多くの人に目に触れ、長く読み継がれることを切に願います。

硫黄島の激戦を知らぬ人は一読を

硫黄島は太平洋戦争史上でも例を見ない激戦地であり、米軍が相当に損害を出し、占領に手こずった地でもある。栗林中将はその総指揮官であったけだが、彼のバックグラウンドを知るに、またひとつ、この戦いへの見方が変わってきた。そういえば、硫黄島の慰霊祭には栗林中将夫人は高齢であるにも関わらず、毎年必ず参加されていたのをTVで何度か見た記憶がある。この戦いが何だったのか?ということも考えさせられる一冊である。

静かな目線のイオージマ

月刊文藝春秋の中で阿川弘之氏が筆者を評価していたので、読んだ本。40代の女性が書いたということもあり、戦争に関する知識の乏しい私のような読者にもわかりやすい。当時の中将は今で言えば閣僚級に相当すること、陸軍の中では陸軍幼年学校卒が本流、中学卒は傍流であること、2003年のブッシュ大統領演説から現在でも合衆国にとって硫黄島は特別な場所であることなどはこの本で初めて知った。
日米両国の関係者への丁寧な取材と参考図書によって、硫黄島の戦闘とそれをとりまく日米国民の視線を丹念に書いている。特に、兵士とその家族の手紙を多く取り上げていることで、当時どんなことを考えて一日一日生きていたのか、その後生き抜いたのかが鮮明に描かれている。
なお、「散るぞ悲しき」の題名は栗林中将の辞世の3句のうちのひとつから採っている。

悪くない、だが何かが違う

丸山健二や勝谷誠彦が激賞していたので読んだ。悪くはないが、やや掘り下げが浅く、なにか肝心なものがすっぽり抜け落ちている気がする。栗林中将が硫黄島戦で見せた合理的な戦略や思考を体得するプロセスがあまりにさらりと(理由を、幼年学校ではなく普通の中学卒だったことやアメリカ留学歴に求めているが、それだけでは安直では…)しすぎて、腑に落ちない思いが残った。そして、どこかで見たような、嫌な既視感みたいなものがあった。はたと思った、そうだ、これはそのままプロジェクトXではないか。

このページのトップに戻る
|サイトトップ |二重まぶたの方法 |アイプチ |二重まぶた・埋没法 |二重まぶた・埋没法SMK法 |二重まぶた・埋没法+脱脂MS法 |二重まぶた・スーパークイック法 |二重まぶた・切開法 |二重まぶた・目頭切開 |二重まぶたを手術なしで |二重まぶたのために食べる飲む |二重まぶたをサプリで |二重まぶたをテープで |二重まぶたを器具で |二重まぶたの体操・運動 |二重まぶたのマッサージ |二重まぶた手術の前に |二重まぶた手術の後で |二重まぶた手術の価格 |二重まぶた手術の腕前 |二重まぶた手術の再手術 |二重まぶたの型 |二重まぶたサイズ |二重まぶたの測り方 |二重まぶたの男性の好み |二重まぶたの理想 |二重まぶたの日記 |二重まぶたの体験談 |
Copyright 2006 二重まぶたをアイプチでしますか?それとも二重まぶた手術を!! All rights reserved.
二重まぶた・二重瞼: 二重には埋没法と切開法があります バストアップ・豊胸術: バストアップはサプリメントと豊胸手術とマッサージでできます プチ整形: プチ整形は、目元・脱毛・美脚・小顔・美鼻・しわなどを 美容: プチ整形・二重まぶた・脂肪吸引・バストアップ 整形外科: 美容整形・プチ整形・二重まぶた・脂肪吸引・バスト・若返り・脱毛の美容を